FortiGateのサポート体制充実、初心者でも手軽に導入可能! UTM(統合脅威管理)高速アンチウイルス・ファイアウォール・ゲートウェイ・アプライアンス

MENU

トラブル対応

トラブル対応

CPU使用率が異常に高い

CLIにて「diagnose sys top」と入力
※FortiGateで動作しているプロセスを表示

SYSTOPの画像

1列目:プロセス名
2列目:PID(プロセス ID)
3列目現在のState
 R: Running (動作中)
 S: Sleep (停止中)
 Z: Zombie (ゾンビ状態)
 D: Disk Sleep (割り込み不可能なディスクスリープの待機状態)
4列目:CPU使用率(%)
5列目:メモリの使用率(%)

■diagnose sys top実行中の操作
このコマンドを実行中に以下のキーを入力することができます
q: このコマンドを終了します
c: CPUの使用率順にソートします
m: メモリの使用率順にソートします

■プロセスを終了させる方法
以下のコマンドで、特定のプロセスを終了させることが出来ます。

diagnose sys kill

: プロセスに送るシグナルを指定します。プロセスを終了させるときには通常11を指定します。この場合にはcrashlogを出力しますので、トラブルシューティングの際によく使用されます
: diagnose sys topコマンドで確認できたPIDを指定してください

例えば、PIDが903であるプロセスを終了させる時には、以下のように実行してください。

diagnose sys kill 11 903

※FortiOS上で常に動作する必要があるデーモンプロセスは、終了されても自動的に再起動されます。

UTMのライセンスが切れたためWebサイトの閲覧が出来なくなった場合

ライセンスが切れるとFortigate が Fortiguard への問い合わせを行っている(UDP53・UDP8888)通信が行えなくなります。
FortiGuardへの問い合わせが出来なくなると FortiGate は HTTP の通信を遮断します。

■対応方法
「レーティングエラー発生時にWebサイトを許可」を有効にしてください。

■設定箇所
FortiGate管理画面→セキュリティープロファイル→Webフィルター

※FortiOS6.2の場合

ご要望に沿った製品提案をします。まずはご相談ください。 TEL 0120-877-071 平日 9:00-12:00 / 13:00-17:00
リース・売掛購入のご相談もお気軽にどうぞ

FORTINET パートナー

プライバシーマーク

fortigate試用機貸出
設定動画
fortigate設置代行
fortigateのリース
fortigateのアカデミー割引

UTM製品比較

FortiGateを初めて導入する方へ

FortiGateを他社から移管

FortiGateのリースの相談

FortiGateの設定マニュアル

FortiGateの導入構成例

UTMとは

設置代行

日本地図全国設置代行いたします。お気軽にお問い合わせください。

【北海道・東北】北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島

【関東】東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬

【東海】岐阜 / 静岡 / 愛知 / 三重

【四国】徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知

【近畿圏】大阪 / 兵庫 / 奈良 / 京都 / 滋賀 / 和歌山

【北陸・甲信越】富山 / 石川 / 福井 / 新潟 / 長野 / 山梨

【中国】鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口

【九州・沖縄】福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄

オンサイトサポート

FortiGateのオンサイトサポートオンサイトでのハードウェア障害対応です。障害のコールを受け、ハードウェア障害と確定後、オンサイトでのハードウェア交換作業・設定復元・基本動作確認作業を行います。

スタンダード 平日9:00~17:00

※土・日曜日・祝祭日及び年末年始(12/30~1/4)を除く

PAGETOP
Copyright © FGShop All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.